府中市 リフォーム 注文住宅 | サン工務店

府中市のリフォームは地元密着工務店のサン工務店にお任せください

トップ>家づくりコラム

家づくりコラム

第4回 『木工事について』

木造建築工法には、木造軸組工法(在来工法)をはじめ、2×4(ツ-バイフォ-)や
2×6(ツ-バイシックス)、SE工法(SE金物を使用し構造材はエンジアリングウッドを使用)
等ありますが、
当社では、伝統があり、高温多湿な日本の気候に最も適し、工事中の雨対策にもすぐれた
木造軸組工法(日本の建築で一番歴史のある工法)の建物造りをしています。
木造軸組工法の家づくり
木材は一本一本、それぞれに強さや性質が違います。木材選びはまさに適材適所、熟練の
経験や 勘による棟梁の腕の見せ所であり、躯体の性能にも大きく影響する非常に難しい匠の技でした。
昔は棟梁(大工の親方)が墨付け(墨糸と墨さしを用いて木材に線や印を付けること)して、
材木を加工しましたが、現在ではプレカット(工場において機械で加工)が、大半です。
現在では、棟梁の代わりに、豊富な経験と技術を持った現場担当者が、プレカット工場の
オペレ-タ-に適切な指示を出せる事が不可欠になります。また、いかにして乾燥した良材を手に
入れるかです。木材はたとえ樹脂や産地が同じでも、強さや品質が異なります。しかし一般的
には、樹脂だけで木の強さを推し量っているのが現状です。つまり、見なし強度だけで木材を
選択している場合が多いようです。(大変重要なことですが?)
構造材の品質が住まいの強さや性能に大きく影響します。構造計算上での強度を十分に発揮
させるには、主要構造の強度や精度が高く、しかも均質でなければなりません。
一般的に行われているのは任意の抜き取り検査です。どのように検査された木材かによって、
木材の価格も違ってきます。
当社では、必要最小限のコストで最大限の強度を持たせることができるPFウッドを使用しています。
※PFウッド
構造材の強度や品質を一本一本に対して厳しい品質管理が行われています。
指定工場を設け、熟練した技術者が検査器を用いて4段階の検査を実施。高度な基準を
クリアした木材だけがPFウッドとして認定されています。
1.反りや曲りをチェック
2.強度を一本一本検査
3.寸法にくるいがないかを測定
4.芯まで乾燥できているか確認(含水率15%以下)
木工事で大事なことは、
昔は、棟梁の技量(匠の技)でしたが、現在は、経験豊富で技術を持った現場担当者と
高度な基準をクリアした木材を使用できるかが、不可欠におもいます。
私からのアドバイスとしては、
可能であれば、建てて10年経過した建物を見学させてもらうことです。 ちがいがわかります。
建物はそれぞれ違います。日本建築文化を熟知した現場担当者が必要不可欠です。
そのような施工会社にめぐり合うためにはお施主様の感性も大事なことだと思われます。
些細なことと思われることでも質問して、適切な返答が帰ってくるか、マニアル通りの説明で
済ませてしまうかなどでもある程度は、御理解いただけると思います。

第3回『基礎工事について』

住宅の基礎については、建築基準法施行令第38条第3項において「建築物の構造、
形態及び地盤の状況を考慮して国土交通大臣が定めた構造工法を用いるものとし
なければならない。」と規定されております。
基礎の不同沈下を防止するためには、建設地の状況や荷重条件を個別に把握し、
構造計算によって基礎の形状、鉄筋の配筋方法等を決定します。
以前は布基礎が主流でしたが、最近ではべた基礎がほとんどです。一般的に工事費
もべた基礎のほうが安くできるようになっております。(工程の短縮・残土処分の 軽減
により)まず根切りをしますが、根切り底は平滑に施行し工事監理者が確認を行います。
根切りでは重機(ユンボ)を使用すると思いますが、底盤を荒らさないよう十分に
注意をはらい手掘り調整しなければなりません。底盤を荒らさないように根切ることは
大変重要なことです。
割栗地業の場合は小端立とし、すき間のないようにはり込み、目つぶし砂利を充填して、
ランマー 3回突き以上します。
砂利地業の場合はソイルコンバクター2回締め以上又は振動ローラー締めとし、凹凸部
は、上ならしします。次に基礎底面を平らにならしたり、基礎の中心をマークしたりする
などのために捨てコンクリートを打設します。基礎は一帯の鉄筋コンクリート造とすること
が構造上必要です。その方法として次の3つの方法があります。
①コンクリートを全て一度に打ち込む
②必要な打ち継ぎ処理を行い、複数回に分けてコンクリートを打ち込む
③プレキャストコンクリートを鉄筋等により相互に緊結する
コスト・施工性から②が一般的です。当社も②の施行がほとんどです。 打ち継ぎ部の
処理は慎重に行っております。
鉄筋を設計図通りに敷き並べ鉄筋のかぶり厚さを確保するためにサイコロ型のブロックを
敷いて、コンクリートのかぶり厚さを確保します。
使用する鉄筋は事前にミルシート(証明書)を提出してもらい、実際に使われているか現場
でチェックします。生コンクリート打ち工事でも配合計画書の作成と提出を求めます。
また、コンクリート品質試験も必ず実施します。
※ミルシート 鉄筋の品質を保証するため、メーカーが規格品に対して出す証明書。
※コンクリート品質試験 打設するコンクリートの温度・空気量・スランプ・フロー塩分等
  の測定及び圧縮強度試験 のためのテストピース採取を行います。

基礎は建物としては、目にみえぬ所にある為か、とかく粗略に扱われがちですが、
建物に作用する力を受けて、これを安全に地盤に伝えなければなりません。
また、地盤の振動を受けて、直ちにこれを建物に伝える役目のところです。
建物の耐震上にも非常に重大な影響を及ぼします。
もし基礎が不完全な場合には、折角良い地盤に堅個な建物を設けようとしても、
地盤と建物の接合部に故障が起こって、建物に意外の被害を招くことになります。
上記のように基礎工事は建物造りの上で大変重要な工事です。入念に工事すること
はもちろんですが、現場を指揮する現場監督・現場管理者の能力でも大きく違ってきます。
しっかりと丁寧に仕事している基礎は、現場がきれいに片付いており、整然としています。
また、型枠・鉄筋の配筋もきれいに見えます。何か不自然に感じることがあれば、
現場管理者に質問してみることをお勧めいたします。
基礎がしっかりと施工されている建物は、上部の軸組もきちんと施工されてることが、
多いようにおもわれます。

第2回『敷地・地盤について』

私は福島県伊達郡の生まれですが、子供の頃祖父がある山を見て、
『あの山は動くよ』とか『この土地はいい宅地になるぞ』とか耳にしました。
今になって考えてみると、昔からある家は、高台にあり 敷地は岩盤(砂岩)のところに
建てられていました。またほとんどの家で北側にむろ(横むろ)がありました。
冷蔵庫がない時代、保存庫として造られたのだと思います。夏に入ってみると大変涼しく
冬暖かく感じました。現在のような耐震技術や基礎の技術のない時代ですから、
まず地震に強い場所を探すのが建物造りの始まりでした。
どの土地がよいかは、人生経験が豊富で、その土地をよく知ったお年寄りに相談することが
一番でした。また土地を探すときは、『その土地の近所のひとによく聞きなさい』
とも言われていました。基礎も現在のような基礎はほとんどありませんでした。
玉石の上に束を立てて土台を引き床は風通りがよいように高くして、木材も土台は重硬で
強く保存性も高い栗の木が使用されていました。家を建てる際には最小限でも建物の土台
には栗が使用されていました。※最近では用材の確保や価格などの関係で、使用される
例はほとんどなくなりました。その代わりに丈夫な耐震基礎を造るようになりました。
土地を探すときは、まず経験豊富な御両親、御祖父母に相談してみることです。
よいアドバイスをしてくださるとおもいます。私からのアドバイスとしては、
『相場より安価な土地には注意して下さい。何かそれなりの理由があります。
いい土地を探すには、相場より1割~2割高額になると思って下さい。
また、売却するときには、1割~2割安価になると思って下さい。
なかなか見つけるのはたいへんです。あせらず根気よく探すことです。
数年かかる覚悟で探すことです。』
住宅に関するトラブルの7割近くが地盤に関係したことです。
軟弱な地盤では、不同沈下が原因で(外壁に亀裂が生じたり、ドア-の開閉がスム-ズでない
などの障害があらわれます。地盤の良い悪いは場所により違いますので注意してください。
私たちはどの家づくりでも地盤調査を行い、
その調査結果から地盤補強工事『表層地盤改良工事・ 杭工事』を行っております。
地盤保証(10年)もつきます。
地盤補強方法の選択と合わせて基礎の 設計をします。
家づくりにおいて地盤の良し悪しは大変重要なことです。
それを念頭に入れ、土地購入の御検討をなさって下さい。

第1回『ご挨拶』

はじめまして 株式会社 サン工務店 高橋 武光です。
建物造りの仕事に従事して40年、この道一筋に歩んでまいりました。
趣味はと聞かれたときに、私は自信を持って建築と答えてきました。
建物造りがだいすきで、こんなに奥が深くおもしろいことはありません。
ミサワホームの元社長 三澤 千代治社長が ある新聞のコラムで話されていました。
『住宅事業は大学の学部すべて横断的に網羅するほどの広範囲な知識が必要である。
世の中の動きをみる「経済学」・家の技術「工学」・建築基準法、品格法「法学」
日本の伝統文化、住文化「歴史学・美学」・庭の話「農学、生物学」・手紙の文章「文学」
お客さまの心理を読む「心理学」』

私も、40年の間にたくさんの専門家(デザイナー・構造建築士・庭士・税理士等)と
知り合い、教えてもらったり、相談しながら歩んでまいりました。各専門家は私の財産です。
これから先もサン工務店ネットワーク(各専門家)の皆さんとチームワークを大切にして、
施主様に合った最高の住まいをつくる努力をして行きたいと思っております。
私は特にメンテナンスの工事の時は、出来るだけ立ち会うようにしてまいりました。
その時に多くのことを学びました。材木の使い勝手(木の習性による反り)の間違いで、
ドアが開かない・梅雨時になると建具が開かなくなる、梅雨が明けると元にもどる。
(無垢フローリングも梅雨時に同じことがおこります。)等色々なことを知りました。
メリット・デメリットは別にして、現代では24時間換気・コスト等のこともあり、建具は
昔のようにきっちり造るのではなく余裕を持って造り簡単に調整出来るようになりました。
また、フローリングもほとんどの住宅メーカーはでツキ板合板(奇数枚のスライスした単板を
繊維方向が交差するように積み重ねた一枚の板)を使用しています。
メンテナンスが大変だからです。
私は家は商品とは考えておりません。
家に人が合わせるのではなく、住む人に合った家を造ることが家づくりだと思います。
住まいは住む人によって違います。こだわりも住まい手さんのものです。
また、優先すべきことも住む人によって違いますので、メリット・デメリットを
一緒に考え、時が経っても理想的な暮らしが続くバランスの取れた家づくりをして、
次の世代にメッセ-ジをのこせるよう心掛けております。

今後、こちらのコーナーでは、家づくり(在来木造住宅)について、地盤・基礎・木工事
健康素材についてなど毎月1~2回のぺースで書いて行きたいとおもいます。
どうぞ宜しくお願いいたします。